目の疲れを癒すなら養潤水がいい!  

ブルーライトや日焼けの影響で充血したりして、目がだるくなったりしますよね…でも、目薬の種類ってたくさんあって何がいいかわからないですよね!そこで、紹介するのは養潤水です!

↓↓↓養潤水のサイト↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■ロート養潤水α 13ml 【第3類医薬品】
価格:595円(税込、送料別) (2017/8/30時点)

☆養潤水のこだわり☆
1,睡眠中の瞳の修復力に注目
→眠っている間は、昼間のように目を酷使することはありません。私たちの瞳は「休眼時間」である睡眠中にも、日中のダメージを修復しようとする力を備えています。睡眠中は新しい細胞がより生まれる時間帯でもあります。
2,「休眼時間」の修復力をサポートする処方設計
→角膜上皮細胞の増殖率が高まると、角膜の修復が促されます。「ロート養潤水α」は「休眼時間」の角膜細胞の修復をサポートする処方。寝ている間にも角膜修復をサポートすることで、日中の疲れた瞳をリセットします。
3,瞳にある成分を処方
→有効成分もヒアルロン酸ナトリウム(製剤の粘稠剤)も、もともと瞳にある成分なので、瞳をじっくりやさしく治療したい方に最適です。また、穏やかな清涼感タイプの目薬で、じんわり疲れを癒します。
4,「ロート 養潤水α」は疲れた瞳のためのエッセンス治療薬
→パソコンを使う方、コンタクトをしている方にオススメ
5,清涼感のある差し心地の秘密は「ヒアルロン酸配合」
6,「ロート 養潤水α」は使いやすさにもこだわっています。
→どの角度からも目にさせるフリーアングルノズル、簡単に開け閉めできるワンタッチ式スクリューキャップ

☆養潤水を使うタイミング☆
・夜、寝る前に一滴
・朝、すっきりするために

☆養潤水のレビュー☆
・養潤水は一滴が多めなので、ドライアイな瞳が一瞬で潤ってくれるので好きです。
刺激もほぼ無いし、変な味もしないのでとても使いやすいです。
・そこそこ潤います。とろみが強いですね。
・ボタっというイメージでけっこう重く感じます。そのわりになかなか浸透してくれないのでしばらく目の中が変な感じ。視界もぼやけちゃうので微妙です。
・気軽に使えるタイプではないですが、本格的にケアできます!
・目やにが減ってきました。乾燥してると目やにが出やすいそうなので、この目薬は保湿力があるんだと思います。寝起きで目を開けるときがとても楽になりました!
・目の乾きが酷い時に使うととても楽になります。一度点眼するとしばらく潤ってくれるので安心できる目薬です。
・お値段のわりには微妙な目薬でした。期待したほどの潤いはなく、目の奥が詰まる感じが不快だったりもします。

☆最後に…☆
私は目の乾きが気になって、これを勧められて使うと潤いが保たれてよかったのでオススメの目薬です。皆さんぜひ皆さんも使ってみてください!ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする